2020/07/02 16:52

こんにちは。ゲツメンラボです。

今回は一番長く展開している、プラバンのアクセサリーについてお話ししたいと思います。


最初は2012年。大人になってからはじめてプラバンの存在を知った私は

トースターの中でみるみる縮んでいくプラバンにときめき「プラスチックにロマンチックが止まらないよ!」と感動し

シリーズ名を「Plustic Romantic」とし、屋号をgetumenlabo.として活動を始めました。



最初の出展は原宿のデザインフェスタギャラリーで行われた「GMO ペパボの文化祭」という

まだ始まったばかりのminneさんの小さなブースで(小さくても可愛く大盛況なイベントでした。さすがminneさん)

そこでのお客様達の反応を見てプラバンにさらにいろんな可能性を感じました。



当時は大きめのブローチやいくつかモチーフを重ねたネックレスなども多く作成していました。

その中でも特に人気があったのがこの小さなコロンとしたピアス達でした。

当時まだプラバンがではじめで作家も少なく、珍しさとその小さなシルエットがお客様の胸をキュンとうってくれたようです。(お客様談)

特に人気があり、本の仕事にもつなげてくれたのがこのカモメのピアスでした。




学生時代のスケッチをもとになんとなくできた作品でしたが、

お客様や出展者の方に「カモメの人!」といわれるくらいアイコン的存在となってくれました。

他にもアイスや星、レモンやチョコレートなど

ワンポイントのイラストをもとに沢山の作品を作りました。

集めたくなるようなバリエーションが魅力なシリーズです。



今後もいろんなモチーフを試していきたい作り手としてもワクワクさせてくれるシリーズです。


そして2020年、「小さくコロンとしたシルエット」からイメージした惑星の「カロン」を名前に冠して

プラバンのシリーズをリニューアルしました。

カラーやモチーフを見直し、大人になった今の自分の世代でも使いたくなるようなアクセサリーを

これからも厳選してお仕立てしていきます。

新しくなったプラバンの「カロン」シリーズ、どうぞこれからもよろしくお願いします。